モロッコでの初体験

実は私、自慢ではありませんが今まで生きてきた中で痴漢というものに遭遇したことが一度もありません。 喜んでいいのか、それとも女の魅力がないと嘆いた方がいいのか・・・

ともかく、モロッコで遭遇したのです。 痴漢というものに・・・


マラケッシュに向かうバスの中で、ツアーガイドのグラハムさんがこう言いました。

「女性達、過去数回かツアーのお客さんで、お尻をつねられた人がいました。 まぁ、頻繁に起こることじゃないので心配しなくてもいいと思いますが、もしお尻を触られたらそれは褒められたと思い、右のお尻を触られたら左のお尻を差し出すくらいの心構えでいてくださいねぇ。 男性達もそういう商売がモロッコでは人気(?) なので、触られたら興味が無いことをはっきりと相手に伝えましょう」

バスのなか大爆笑! 私も「右触られたら左ね!」 なんて大口をたたいていました。 まさか本当に遭遇するとは知らずに・・・

マラケシュに着き、早速有名な広場・市場へ。 ここには多数の露天、屋台があり、蛇使いや剣を飲み込む人、猿使い、歌い手、ボクシング、ゲーム等モロッコの人や観光客でにぎわう場所。夜8時を過ぎないと盛り上がらないと言うことで8時過ぎに出発。 外は真っ暗なのにすっごい人だかり! やっぱり昼間は暑いから誰も外出しないのよね。

(昼)
f0050043_056335.jpg

f0050043_0562415.jpg

(夜)
f0050043_0563969.jpg


露天や屋台を見て回るんだけど、売り込みが激しい。(この辺は次回細かくね)
それを断りながらついにゲームとか大道芸人とかがいっぱいいる広場へ! ここでは何でも見物すると見物料を払わなくちゃいけない。 これはモロッコ人も同じことなので払うことに文句はないけど、人ごみで前が見えなくても日本人の私にはしつこくお金の請求、しかも払っても足りないとか言ってくる! そんなごたごたの中、お尻に何かが触れた感じがした。でもほかの事に気をとられていてとの時は全く気にとめなかった。
しかし、その後に事件は起こった! 今度ははっきりとわかるくらいムギュ~とつねられたのである!!!

「ち・か・ん???」 

後ろを振り向く。 そこには若い男3人が私達にぴったりとくっついている! この状況下、右の尻を触られたのか、それとも左だったのか、または両方だったのか、そんなことを考える余裕ゼロ。 前は痴漢にあったらそいつの手をひねってやる!なんて強気なこと行っていたけど、
マジで怖かった・・・ 速攻で逃げる私と友達。 友達は彼らに気づいていてちょっと警戒していたんだとか。 油断大敵である。

でもまさかモロッコで痴漢に会うとは・・・でも次の日ちょっと自慢げにツアー仲間にこのお話をしたのでした! だってお尻さわられたのは褒められたっていうことなんだからさ!
[PR]
# by rinca22 | 2006-09-23 01:03 | 私の事

仕事後

さて、会社を辞めて日本に帰ってくるまでの間、一体何をしていたかというと、

旅行に行っていました!!!

こんなとこに!!!
f0050043_17243997.jpg
f0050043_17245293.jpg
f0050043_17251683.jpg
f0050043_17252788.jpg


そう! モロッコ王国 に行ってきたのです!!!
アフリカ大陸に初上陸してきました。 いやぁ~アフリカは全ての面で熱かったぁ~!

今回初めてツアーに参加したんだけど、今ツアーを馬鹿にしてきたことを大いに反省しました。めっちゃめっちゃよかった! 個人だったら絶対にいけないような場所に連れて行ってくれるし、ホテルの予約とか夕飯の心配とかしなくてよかったから楽だったし。 (全て込みだったの!) ツアーのメンバーも下は16歳、上は80歳まで幅広く、しかもみんなとってもいい人達だったので、10日間、あっという間に過ぎたって感じ。
10日で8箇所巡ったのだけど、どの町にもオリジナルな雰囲気があって、私のイメージしていたモロッコ(色とりどりの宮殿と城下町)とは違ってとってもよかった!

いっぱい書きたいことはあるけど、面白いことだけ厳選して書いていきますね!


まず今回のモロッコ旅行で一番楽しみにしていたのはこれ。
f0050043_17322196.jpg

サハラ砂漠でラクダに乗りながら夕日を見るツアー!!!

私って昔からそうなんだけど、楽しみにしている行事の直前に体調を崩すのです。 遠足の前の日に何度熱が出て行けなかったことか・・・ 今回の旅の前もちょっと心配していたんだけど、元気満々で旅行を続けていました。 しかし、この日に限って、ほんとこの日に限って今までに体験したことのない腹痛に襲われた。 でも腹痛は私だけでなく、他にも6人くらい病人がでていたらしく、私はその中でも軽かったみたい。、ツアーは夕方からだったので、その日は一日ベットとトイレの往復・・・
ラクダには絶対に乗りたかったので、腹痛の友アルさんと出発前に薬情報の交換とトイレットペーパーの確認し、いざサハラへ! もしかしたら薬が効くかも!と淡い期待を抱きつつ乗り場まで。 でもやっぱり、ラクダには乗れず泣く泣くみんなのお見送りをしたのでした・・・ せめてもの救いはホテルがめっちゃキレイだったこと! 
f0050043_17533984.jpg
f0050043_17535192.jpg
f0050043_1754122.jpg
f0050043_17541317.jpg



それでもやっぱりラクダに乗りたかったなぁ・・・
[PR]
# by rinca22 | 2006-09-19 17:55 | 私の事

やっと・・・

インターネットが接続できました! 最後の更新から1ヶ月以上たってしまいました。 待っていてくれた皆さん、ごめんなさい!

この一ヶ月、いろいろなことがありました。 書きたいことがたくさんあるので、これからアップデートしていくので、もうしばらくThat's ストラッツShowにお付き合いくださいませ!
[PR]
# by rinca22 | 2006-08-26 15:31 | 私の事

涙・涙・涙・・・

ついに会社のみんなとお別れする日が来てしまいました。 過去3年間、苦楽を共にした仲間達。 この日は朝からお別れする寂しさと、仕事をしなくてもいいうれしさ(笑)、泣きたいのか笑いたいのかわからないなんとも不思議な感じでした。
涙は3時過ぎに突然溢れ出し、その後1時間泣きっぱなしでした。 だってみんなには本当に良くしてもらって中には家族のような感じの人もいたので、お別れは辛くて・・・ ウォータープルーフマスカラも私の涙の量には勝てず、しっかりパンダ目を作ってくれました。

夜、同僚のジュリーがお別れパーティーを開いてくれました。 30人以上も集まってくれて、またここで感謝の涙! こんなケーキまで用意してくれました。
f0050043_2294456.jpg

私の顔写真つきケーキ!!! 自分の顔を切るのはちょっと楽しかった!

ケーキのあとはひたすらおしゃべりとお酒。 私はお酒は飲めないので、みんなが酔っ払っていくのを見て楽しんでました。 でも過去2週間、毎日3時間くらいしか寝ていなかったプラス泣きまくったので疲労で酔っ払った人と一緒にふらふらして、しかもハイになってた。

翌日6時半からガレージセールを開かなくてはいけなかったので、私は3時で帰ったけど、何人かは朝まで飲んでいたらしい・・・ みんなすごいね。 

ということでとっても楽しいパーティーでした。 次みんなで集まれるのはいつになるかな???
[PR]
# by rinca22 | 2006-07-17 22:44 | 私の事

クルージング

ゲイリーが私達のために30,000アイランドクルーズのチケットを用意してくれていました! ここにくるまでそんなクルーズがあるなんて全然知らなかった!
f0050043_1265865.jpg

この湖に30,000も島があるの?と疑いつつ3時間のクルージングに出発!
f0050043_12886.jpg

出発までに時間があったのでデックで日向ぼっこをしていたらら、ゲイリーが後方に見える橋について説明してくれた。
f0050043_1285472.jpg

この橋は100年以上前に、馬、牛、人力のみで作れた橋で、今でも電車が走るんだとか。 そんなに古くは見えないけどなぁ。 でも今ある技術を全く使わないで全てマニュアルでこの橋を作りあげた人たちのことを考えると頭が下がるよねぇ、なんて話していたら本当に電車が!
f0050043_12112418.jpg

しかも貨物じゃなくて旅客!!! これは乗っている人は怖いだろうなぁ。 

のんびり日向ぼっこの続きをしていたら突然汽笛が! さぁ出発だ!!

f0050043_12132121.jpg

こんな小さな島に家が! これくらいの大きさの島を入れたら30,000の島があってもおかしくないよね。
しばらくこんな感じの小さな島を見ながら船は進む。 そのときまた汽笛が! 前をみると・・・
f0050043_1215351.jpg

島が近い! すっごい近い! 上陸するのか? と思ったけどそのまま進んでいきました。
f0050043_12163422.jpg

振り返ると、島と島の距離がとても狭いことに気づく。 それでみんな盛り上がっていたのね! ちなみに左側の島の名前はHuckleberry。 前に飼っていた犬の名前です!!

快晴の中、船はどんどん進む。 すると前方からこんなものが!
f0050043_12181956.jpg

f0050043_12191774.jpg

カナダデーだったので国旗を持った人たちが歓声と共に通りすぎていきました。 みんな目立ちたがり屋!

ここからはプライベートアイランドに建つゴージャスな別荘をご覧いただきましょう。
f0050043_1220492.jpg

f0050043_1221173.jpg

f0050043_12211425.jpg

すっごいでしょ? どの家も窓が大きいのが特徴ね。 やっぱりプライベートアイランドなだけに人目を気にしなくていいからかな? でもしっかりと船から写真を撮らせていただきました! ちなみに真ん中の写真の家にはプライベートの船、飛行機もあり、相当なお金もちと見た! しかも中でパーティーをしているのは私と同じ年くらいの人達ばっかり! うらやましすぎる・・・

犬だ!
f0050043_1223449.jpg

犬なのにこんなゴージャスな別荘で週末を過ごすなんてなんてうらやましいんだ!

と、ここで汽笛が3回鳴った。 犬も私もビックリ!! 先に回転橋があって、汽笛3回は橋を開けて頂戴というしるし。  前を見ると
f0050043_1224306.jpg

橋がゆっくり回っている。 そして細い隙間を船は無事通過。
この橋が旅の最後の見所。 
3時間とってものんびりしたクルージングを楽しめました。 最初クルージングには興味なかったけど、いろいろな家を見れて楽しかったな。 別荘取得の夢が広がったか?!
[PR]
# by rinca22 | 2006-07-11 12:29 | カナダの事

CANADA DAY!

7月1日はカナダデー、そうカナダの誕生日! カナダデーはもともとDominion Holidayと呼ばれていて1879年に設立されたのだとか。 まだまだカナダは若造だなぁ。

ということで3連休でした! 3連休に何をしていたかというと・・・
f0050043_11252616.jpg

f0050043_11253899.jpg

以前にこのブログに登場したGaryのコテージにお呼ばれして4時間かけて行ってきました!!! 毎年この時期はコテージに行く人やキャンプに行く人やらで道路が渋滞しているのです。 
でも渋滞の中行った甲斐ありました! とってもよかった。 このコテージ、全て手作り! それなので内装はまだ完成していません。 完成にはまだまだ時間がかかりそう。 でも自分の手で作り上げていくのってなんだかとってもいいよね。 思わず北の国からの五郎さんを思い出しました。

このコテージの最大の売りは家の目の前が湖なこと!
f0050043_11331083.jpg

朝、このベンチに座ってコーヒーを飲みながら湖を眺める。 聞こえてくるのは湖の波の音と小鳥のさえずり・・・
素敵でしょ? いいでしょ? リフレッシュでしょ? ものすっごいリラックスして頭の中がきれいになって帰ってきた感じ!

コテージの正面にはお花畑&菜園が。
f0050043_11414100.jpg

畑でこんなものを発見!!!
f0050043_11412859.jpg

これは木でできた蛇のおもちゃ! これを置いておくと野菜を狙った小動物が寄ってこないんだとか。 グッドアイディア!!! 

カヌーで湖をめぐってみました。
f0050043_11444467.jpg

f0050043_1145345.jpg

f0050043_11451712.jpg

f0050043_11453089.jpg

私はカヌーを漕いでいたので撮影は友達のけいこさん。 きれいでしょ?

f0050043_11461213.jpg

がんばって漕いだという証明写真。 ドラゴンボートで鍛えられているのでちょっとの波もへっちゃらだ! と思っていたけど腕が痛い・・・

ということで今回はゲイリーのお家とその周りについてレポートしました。 次回はクルージング! お楽しみに。
[PR]
# by rinca22 | 2006-07-03 11:49 | 私の事

あら!

気づいたらブログの更新、すっごい遅れていましたね・・・ 書くことはたくさんあるのに時間がなかなか無くて・・・

ここ2日はさよならが続いています。 月曜日はドラゴンボートのみんなとで昨日はフラメンコのみんなとのお別れでした。

ドラゴンは月曜日が最終レースで順位決定。 我がイエローチーム、このレースに勝たなければビリ決定と崖っぷちに立たされた状態だったのでめっちゃがんばった!!! もうねぇ、腕と腰が引きちぎれるかと思ったくらい! 本当はあんまり力入れちゃいけないんだけどね・・・
結果は????  




はい。 負けでした。 はい。 2レースとも負けました。 潔く認めます。 みんなに「え~1回しか勝ってないの?」と言われてもかまいません。 だってすっごく楽しかったから! チームのみんなもただ楽しむためだけに参加していたので、負けてもちろん悔しかったけどでも笑って「がんばったからいいよね!」と言い合える人たち。 いやぁ。 素敵な人たちに出会えましたよ。 コーチも面白い人ばっかりで、みんなが来月からの練習の話とかしているのを聞いてちょっと切なかったな・・・ 日本に帰ってもドラゴンボートしたいなぁ。


話は変わって昨日のフラメンコ。 ストラッツのダウンタウンに新しくできたレストラン「Globe」にてお食事会でし。 このレストランのオーナーがクラスメートの知り合いということでお店でフラメンコを躍らせてもらえること。 普通にお客さんが食事をしている中、テーブルの移動をし音楽が流れ始める。 お客さんは食事どころではなく鑑賞モード! 踊る気はなかったんだけど、せっかくのチャンス。 踊っちゃいました! しかも楽しんじゃいました! お客さんもみんなノリノリで手拍子。 自分がまさか人前で踊るとは思ってもみなかった! いや~気持ちよかったな・・・ 先生のスーザンもソロを踊ってくれて益々先生のすごさを感じました。 日本に来て教えてよ、と言ったら結構本気にしてくれてもしかしたら教えに来てくれるかも!?

最後にみんなで記念撮影。
f0050043_11315447.jpg


別れ際に高校でダンスを教えていて私が尊敬しているナンシーに涙ながらに「You dance beautifully, Iwill miss you so much」と言われた暁にはもう涙でぼろぼろ! 尊敬している人に褒められるのってすっごい感動する!

ということで過去2日、楽しいながらも切ない時間を過ごしています。 別れがあれば新しい出会いもある!と自分に言い聞かせている毎日です。
[PR]
# by rinca22 | 2006-06-29 11:37 | 私の事

News

実はですね、あと1ヶ月で今の会社を辞めて日本に帰ります。 最近はその準備が忙しくてブログの更新が遅れていたのです。
土曜日に荷物を送る手配をするんだけど、その準備が思ったよりも大変で・・・ できるだけ少なくするようにはしているんだけど、6年ものカナダ生活だといろいろ物が増えてしまって、今のところ大きな箱3箱分にもなってしまいました! 

こうやって整理すると「あ~いろいろあったなぁ・・・」となんだか昔の思い出に浸ってしまって、作業がトロトロ・ダラダダでダメね。 家具も車もほとんど買い手が見つかったので物の準備は万端だけど、心の準備がまだできてません。 別に日本に帰りたくないわけではないけど、自分がカナダでやってきたことを振り返ってみて、まだまだやり足りないんではないか、もう少しがんばれるんじゃないか、と思っちゃうのよね。 これから1ヶ月かけて心の整理も進めていかないと!

一ヶ月なんてあっという間! のんびりしている時間はない!!! がんばるぞ!!!
[PR]
# by rinca22 | 2006-06-22 10:34 | 私の事

大嵐

今日の夕立はすっごかった。 雷、強風、大粒の雨。 あぁ~これはドラゴンボートできないなぁ。 と思っていたんだけど、1時間くらいでやんでお日様が出てきたので、意気揚々と川へ。 弱小チームの私達はまだ1勝しか揚げていない。 今日こそは! と気合が入る。
し・か・し! 川には誰もいない。 ボートも出ていない。 やっぱり大嵐だったから中止になったんだ。 残念・・・ 
とぼとぼと川辺を歩いて帰る。 そのときに気づいたのが地面に落ちている大量の木の枝。中には樹皮ごとごっそり落ちているものもある。 雷が落ちたみたいで黒くなっていて、心なしか焦げ臭い。 自然はこうやって古いものを地に落とし、新しい命が芽生えてくるんだなぁ、なんて自然の偉大さをしみじみと感じた。 

自然といえば前にも書いたけど、川辺は赤ちゃんラッシュです。 今年はあまりいい写真が撮れていないんだけど、去年の傑作を載せちゃいます!

f0050043_10523512.jpg

f0050043_10525385.jpg


かわいいでしょ? ドアップです!!!
[PR]
# by rinca22 | 2006-06-20 10:53 | カナダの事

続ギリシャにて

今回はギリシャのダンスのお話。
スペインだったらフラメンコ、とかインドだったらベリーダンス、とかアイルランドだったらリバーダンス、とか各国オリジナルのダンスはあるけど、ギリシャのダンス、なんて聞いたこと無い。 どんなんだろう? と期待に胸を躍らせダンスを待つこと10分。 出てきました! ダンサー達が!!

f0050043_9423825.jpg

うん・・・ 地味。
踊りは???
f0050043_943810.jpg

うん・・・ 地味。 ただ手をつないで円を描いて、くるくる回りながら足を前後に出すだけ。 こりゃーギリシャのダンスが無名なわけだ。 納得納得。 でも同じ動作を繰りかえり繰り返し3曲も踊ってくれたダンサー達にはもちろん拍手を送りました。 

でもダンサーはこのグループだけではない! もしかしたら違う種類のダンスかも? とまたまた期待に胸を躍らせる。 出てきたグループはこちら。
f0050043_9455713.jpg

っていうかもっと地味。 衣装とかじゃなくて普通の洋服。 ダンスもさっきとほぼ同じでした。 ギリシャ地味すぎ・・・

もっとさー、エキサイトメントが必要よねぇ、ダンスは。と思っていた矢先!! 次のグループ登場!
f0050043_9472238.jpg

華やか衣装と小道具を使った、さっきのダンスとは全く違うもっと機敏な動き。 こんなのを私は待っていたのよ。
f0050043_9481240.jpg

水汲みようのツボも出てきて、民族ダンスの雰囲気が出てきました! いいねぇ。
f0050043_9485990.jpg

お兄さんが網の中にワインの入ったグラスを入れてぐるぐる網を回し始めた! こぼれそうでこぼれないこのエキサイトメント!! ギリシャダンスを甘く見ていた・・・ こぼすまで続けるのがルールのようで、こぼすまでひねりを加えたりしながら網を回し続けていたお兄さん。 よくがんばった!!!

いやぁ、よかったねぇ、なんて喜んでいる私の前をこんな子がすごい勢いで通りすぎた!
f0050043_9502844.jpg

頭にコップが乗ったまますごい勢いで歩く! 
そしてコップの上にまたコップを乗せる。
f0050043_9524214.jpg

立ち上がる前にこんなことまでしてくれた!
f0050043_9532023.jpg

すごーーーい!
コップの数が多くなると、さすがに歩き方が慎重になる。
f0050043_9535665.jpg

それでも最後にはこんなことまでしてくれたのです!!!
f0050043_9543535.jpg

f0050043_954503.jpg

もうわかった。 十分楽しんだからもう止めて!! と思ったときにコップを全部落としてしまいました。 恐るべしギリシャダンス。 (ってダンスじゃないか・・・)

夜はThe Olympics(さすがギリシャね)の演奏にあわせてみんな踊る踊る!
f0050043_957646.jpg
 

いやー、ギリシャの文化を満喫した一日でした。 「グランブルー」という映画をみて受けた印象と全く違った印象で、ギリシャをまた好きになりました!
[PR]
# by rinca22 | 2006-06-16 09:59 | カナダの事